株式会社新光組 新着情報!!

発注社名:熊本土木事務所

工事名:熊本港社会資本整備総合交付金(地活)重要港湾(防砂堤)工事他合併

 

鋼矢板材料費(標準型)

SYW295 ハット型10H L=13.0m

重防食

 

足場材(H鋼杭H300 L=9.0m 山留材 H300)

 

今回の施工はクローラクレーン55t吊、バイブロハンマー、発動発電機を使用しました。

鋼矢板に重防食が塗布されてるいるため、ゴム付き定規を使用して損傷を与えないように施工しました。

今後の予定ですが上部コンクリート完了後、足場材(H鋼杭及び山留材)の撤去を予定しています。

国土交通省 九州地方整備局 熊本河川国土事務所

工事名   緑川下新開樋管改築工事

 

現在、仮設工 二重締切鋼矢板、土留仮切鋼矢板を油圧式圧入引抜機(400幅)Ⅳ型 L=12.5~16.0mを単独圧入にて施工中。鋼矢板打設完了後、タイロッドの施工を予定。

今回の施工はクローラクレーン55~80t吊、サイレントパイラー(ECO100)、溶接機を使用してます。

河川工事の為、油圧圧入機の作動油等は生分解性作動油・グリースを使用。

工事名  小池地区防潮樋門本体工事

発注者  宇土市役所

施工数量 改良杭径φ=1,000mm 改良長L=16.50m 改良杭本数N=45本

施工機械 MITS工法(CMSシステム)

 

平成26年6月、MITS工法(CMSシステム)により改良施工を行いました。

MITS工法はバックホウタイプ(0.8㎥)のベースマシーンを用いており、段差施工が可能です。

また、ロッド継足しにより最大23mの打設が可能です。

今回の施工では、6mのロッド継足し施工を行い打設長18.60mの改良施工を行いました。

工事名   伊賀屋・佐賀間藤の木Bz改良他2

発注者   鉄道・運輸機構

施工土量 1356.6m3、改良深度3.00m

施工機械 WILL工法(MAR-500)

 

平成26年7月、WILL工法(中層混合処理工)により、550tクレーンの足場基礎の地盤改良を行いました。

WILL工法はバックホウをベースマシーンとした改良機を用いて施工します。

ブロック状に全面改良できるため、より安定した基礎の安定が図れます。

今回の施工では、MAR-500(改良深度:5.0mまで施工可能)を使用し、改良土量=1357m3、改良深度3.0mを施工しました。

発注者 熊本県熊本農政事務所

工事名 東小新開ため池等整備事業第1号工事

 

平成26年4月、WILL工法(中層混合処理工)により、新設樋門基礎の地盤改良を行いました。

WILL工法はバックホウをベースマシンとした改良機で段差施工が可能です。

またブロック状に全面改良できるため、より安定した基礎の安定が図れます。

今回の施工では、MAR-500(改良深度:5.0mまで施工可能)を使用し、改良土量=237㎥、改良深度4.0mを施工しました。

発注元:国土交通省 九州地方整備局 熊本河川国道事務所

工事名:九州横断道(嘉島-山都)太田川橋下部工(P1―P3)工事 3工事分

 

現在P1―P3の仮橋(作業構台3箇所)を架設しております。搬入ルートが1箇所しかない為、材料運搬及び支持杭等埋め戻し材の搬入等は密な打ち合わせを行い、作業を円滑に進めております。

施工部は斜面及び高所作業となる為、足場を常に確保し安全に施工をしています。

 今回の施工はラフテレーンクレーン25-70t吊、クローラクレーン55t、ダウンザホールハンマーを使用しています。

発注元:国土交通省 九州地方整備局 熊本河川国道事務所
工事名:緑川鯨油地区築堤護岸工事

現在、ハット鋼矢板(900幅)10H L=10.0m 117枚を施工完了後、クローラクレーン及びハットパイラーを台船で運搬しハット鋼矢板(900幅)25H L=34.0-41.0m 111枚(2箇所継)をハットパイラー圧入で施工中。

今回の施工はクローラクレーン55t吊、ハットパイラー(ECO900)、ウォータージェットを使用しています。

鋼矢板はハット型(900幅)で長尺な為、継手施工が必要で浸透探傷試験を行こないながら、品質管理に十分注意し施工しております。
台船での材料及び機械運搬は日々の打ち合わせを密に行い、工事を円滑に進めています。

 

発注元:国土交通省 九州地方整備局 熊本河川国道事務所
工事名:緑川海路口地区築堤工事

現在、ハット型鋼矢板(900幅)25H L=35.0-40.5m 139枚(2箇所継ぎ)
をハットパイラーで施工中。こちらの現場では、一般車両の通行を確保するため、
クランプクレーンを使用したノンステージ工法を採用し工事を進めております。

今回の施工はラフテレーンクレーン25t-70t吊、ハットパイラー(ECO900)、
クランプクレーン及びパイルランナーを使用しています。

 

 

 

 

 

 

発注元:国土交通省 九州地方整備局 熊本河川国道事務所
工事名:緑川学料下流地区築堤工事

沈下対策鋼矢板 25H L=35.0-41.5m 167枚をWJ併用圧入機2台で
施工中。施工完了後、頭部連結加工を行う予定です。

今回の施工はクローラクレーン80T吊、ラフテレーンクレーン35T吊、
ハットパイラー2台、ウォータージェットを使用しています。

鋼矢板は長尺なハット型(900幅)のため、浸透探傷試験を行いながら、
継手加工を施しています。

 

 

発注元:国道交通省 九州地方整備局 熊本河川国道事務所
工事名:九州横断道(嘉島-山都)中畑地区改良2期工事

平成25年9月、MITS工法(CMSシステム)により、地盤改良工を行いました。

MITS工法は、バックホウをベースマシンとした改良機で、
スラリー中圧噴射と特殊攪拌翼の二つの攪拌システムを
併用した地盤改良工法です。

今回の施工では、1プラント2マシン施工を行い、改良径φ=1400mm、
改良長L=1.0m-6.4m、改良本数N=526本を打設しました。

 

« 戻る他のキーワードで検索 »